無料ブログはココログ

« リトープスの夏越しが成功したようです。 | トップページ | 植物はミスを許さない。 チランジア »

2023年9月 8日 (金)

ギンゴケの育て方は難しい。

P9072678_1_1 Bryum argenteum 

ギンゴケです。

一般的に流通しているものとは違うイメージです。

ギンゴケにも雄株(オス)と雌株(メス)があり、形態にも

違いがあるのかもしれません。

以下の写真の株はすべて家の東側の側溝で撮ったものです。

P9072679_2_1 Bryum argenteum

↑この株が一般的に流通しているものに近いです。

葉の先端に葉緑素が無い部分があるため白色に見えます。

強い日差しなどから身を守るためだと考えられています。

大阪の都市では南側ではギンゴケは見つかりません。

日光を好む割には住む場所に好みがあるようです。

暖地では南側のコンクリートは夏に焼けるように熱くなるので

そもそも植物の生育にはふさわしくありません。

P9072680_3_1 Bryum argenteum

これもギンゴケです。

生育する場所によって形態に差異があるようです。

ギンゴケもメス株とオス株が受精すると「胞子体」というものを

作り、胞子体から「朔」が出てきて「朔」の蓋が取れると「胞子」

を撒きます。

「胞子」からは新しいギンゴケが生えてきます。

P9072681_4_1 Bryum argenteum

またギンゴケは無性生殖でも増えます。

この場合、葉の間に「無性芽」を作り、「無性芽」からクローン

のギンゴケが生えてきます。

↑の写真のギンゴケは葉が毛羽だったように長いです。

暖地での育て方は、

・午前中の日光にだけ当てる。

・日光が当たるときは乾いた状態にする。

特に湿った状態で日光に当ててしまうと、蒸れて枯れてしまいます。

« リトープスの夏越しが成功したようです。 | トップページ | 植物はミスを許さない。 チランジア »

苔 moss」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リトープスの夏越しが成功したようです。 | トップページ | 植物はミスを許さない。 チランジア »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック