無料ブログはココログ

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月27日 (月)

Tillandsia brachyphylla 2種類

Pb272944_1_1 Tillandsia brachyphylla

チランジア・ブラキフィラ

ブロメリア協会の会長株と呼ばれているものです。

大きさは8㎝。

とても高価でした。

買った後にネットオークションなどで安くT.ブラキフィラが

出回るようになりました。

一般に売られているものよりシャープな印象です。

Pb272945_2_1 Tillandsia brachyphylla

これはネットオークションで購入した物。

大きさは4㎝。

買った時よりも葉が開いて成長し、形はずんぐりとした

印象になりました。

今年はブラジル等から色々と輸入されたらしく、種類の同定

が不確かなまま売られている物も多いです。

↑の個体はT.ブラキフィラで間違いないと思います。

 現在は屋内で栽培していますが、毎日霧吹きで軽く水を

与えています。

2023年11月25日 (土)

お茶の花。

Pb222937_2_1 Thea sinensis `つゆひかり´

チャノキの花は秋に咲きます。

花径約4㎝で黄色の雄蕊が目立つ花です。

チャノキは、その名の通り「茶」の原料となる木で、

中国の亜熱帯が原産です。

少し寒さに弱いです。

Pb222938_3_1 Thea sinensis `つゆひかり´

小さいながらも、とても綺麗な花。

日本の茶の木の品種は、樹高が低くなるように品種改良されています。

Pb222936_1_1 Thea sinensis ‘つゆひかり’

葉に含まれるカフェインが動物(昆虫を含む)にとって有害

なので害虫はあまりつきませんが、チャドクガが発生するので

栽培中はよく観察して卵塊の段階で葉ごと除去します。

チャドクガの毛虫の毒針は風でも飛ぶので、駆除の際は

ビニールの手袋をします。

ライター等で毛虫を毒針ごと焼くのも有効です。

2023年11月23日 (木)

Tillandsia capillaris の いろいろ。

Pb212932_3_1 Tillandsia capillaris

チランジア・カピラリス

コルク栓の大きさが長さ4㎝なので参考にして下さい。

Pb212933_4_1 Tillandsia capillaris var. incana

チランジア・カピラリス インカナ

小型の種類です。

Pb212934_5_1 Tillandsia capillaris var. hieronymi

チランジア・カピラリス ヒーロミー

葉がインカナよりも少し大きいです。

いづれも海外の販売店のホームページでは売られていたのですが、

日本で買えたので集めてしまいました。

チランジア・カピラリスは丈夫なうえに可愛い花を咲かせてくれます。

2023年11月21日 (火)

庭のモミジの紅葉の進み度合。

Pb212930_1_1 Acer palmatum `一行寺´

モミジ`一行寺´が紅葉しています。

黄色に色づくと思い購入した品種ですが、日陰に移しても

毎年赤くなります。

Pb212931_2_1 Acer palmatum `秋茜´

一方、モミジ`秋茜´は紅葉が遅れています。

本来ならば同時に赤く色づいているはずですが、今年は

まだです。

猛暑の影響で葉焼けもしています。

2023年11月18日 (土)

ウェルウィッチア・ミラビリス(奇想天外)を推す理由。

Pb162922_3_1 Welwitschia mirabilis

基本的に毎日水をあげていれば文句は言いません。

害虫もほぼ着かないです。

葉焼けしません。

冬の間は出窓で観葉植物になってくれます。

片方の葉はちぎれていますが、もう一方の葉はまだ

一度も剪定していません。

Pb162923_4_1 Welwitschia mirabilis

厳しくも雄大な自然を感じさせてくれます。

春から秋までは屋外で栽培しています。

雨除けは必須です。

腰水にしなくても毎日灌水すれば根腐れもせず育ってくれます。

スリット鉢植え。

2023年11月17日 (金)

Tillandsia ionantha 群生株

Pb152914_4_1 Tillandsia ionantha 

チランジア・イオナンタ

ネームタグを見ると2006年から育てています。

Pb152916_5_1 Tillandsia ionantha 

上から見ても、丸く出来上がっています。

チランジア・イオナンタは丈夫です。

今年も一回り大きくなっていました。

Pb152918_6_1 Tillandsia ionantha 

群生株の直径は17㎝ぐらいになっています。

2023年11月16日 (木)

ニホンタンポポの実生と発芽。

Pb112907_7_1 Taraxacum japonicum

今年の春に種を蒔いた関西タンポポです。

春に発芽した2本が大きく育っています。

当初は発芽率が悪いと思っていましたが、秋遅くになって

次々と発芽してきました。

写真にはニホンタンポポの小さな双葉が写っています。

Pb112908_8_1 Taraxacum japonicum

秋になり地面に大きく葉を広げるニホンタンポポ。

ニホンタンポポの種子は採り蒔きをしても、秋によく

発芽するようです。

2023年11月15日 (水)

チランジアを室内へ移動させる。

Pb132910_2_1 Tillandsia

今年は秋が2週間ぐらいしか無かったような感覚です。

いきなり最低気温が下がってきたので、屋外の栽培棚で

育てていたチランジアを屋内へ取りこみました。

パズルのように組み合わせて狭い所で管理します。

冬の室内での水やりは軽く、すぐに乾く程度を霧吹きします。

育苗灯があると最高なのですが、カーテン越しの光に

当てて育てます。

チランジアは光量が不足すると枯れやすくなります。

Pb132909_1_1 Tillandsia capillaris

採集地の情報がついているチランジア・カピラリス。

T.カピラリスには様々な形態が存在するので魅力的です。

2023年11月12日 (日)

Tillandsia atroviridipetala の子株。

Pb112902_2_1 Tillandsia atroviridipetala 

花が咲いた後のチランジア・アトロビリディペタラに

子株が出てきました。

子株は普通1株しか出てきません。

チランジア・アトロビリディペタラは基本的には種子で

増えるのが得意なようです。

Pb112903_3_1 Tillandsia atroviridipetala 

このチランジア・アトロビリディペタラには子株が2つ

出てくるようです。

Pb112904_4_1 Tillandsia atroviridipetala 

↑のチランジア・アトロビリディペタラは他の株と同時に

開花しましたが、まだ子株が出てきていません。

 

2023年11月11日 (土)

チランジア 栽培ハンガー と カピラリス

Pb112899_1_1

↑チランジアを着生させて吊り下げる、栽培ハンガーです。

直径2.6㎜の洋ラン用支柱(ビニル被覆鉄線)とワインの

コルク栓で作ります。

ペンチと千枚通し(熱してコルクに穴あけ用)を使います。

いくつも作っている内に、工業製品の規格品のよう出来るように

なりました。

Pb022868_1_1

着生させるのが難しいのですが、写真のように洗濯バサミ

で固定して、チランジアは木工用ボンドで固定して紐で

仮止めをします。

1日で接着剤が硬化して固定できます。

チランジアが成長すると発根してコルク栓に着生する

ものもあります。

すでに発根している個体は、根の部分を紐や針金で固定する

ことも出来ます。

Pb092897_1_1 Tillandsia capillaris var.

<使用例>着生させたチランジア・カピラリス。

コルク栓の長さが4㎝です。

コルク栓はカッターナイフで簡単にチランジアの形状に

合わせて削れます。

軸の針金部分も曲げられるので、着生の角度を調整できます。

Pb092898_1_1

<使用例>S字フックで繋げて吊り下げることも可能です。

Pb112901_2_1 Tillandsia capillaris var. incana

チランジア・カピラリス 変種 インカナ

株の大きさは高さが約3.5㎝。

Pb112905_5_1 Tillandsia mauryana

チランジア・マウリアナの根がコルク栓に着生している様子。

 

 

2023年11月10日 (金)

Encephalartos princeps の葉が一枚枯れる。

Pb042873_5_1 Encephalartos princeps leaf

エンセファラルトス・プリンセプスの葉が1枚枯れました。

葉柄を含めた長さが25㎝ぐらいで、買った時に着いていた葉です。

当時はドワーフタイプだと信じていました。

今は大きな葉を広げています。

このエンセファラルトス・プリンセプスは3年ぐらいの間、新しい葉を

出していません。

Pb042874_6_1 Encephalartos princeps

エンセファラルトス・プリンセプスの地上茎(幹)です。

直径は約11㎝。

幹は順調に成長しています。

幹の頂点に新芽が出るスペースが空いてきているのに、葉が

出てきません。

古い葉を全て切ると新しい葉が出てくるのでしょうが、そんな

事をすると葉がもったいないです。

エンセファラルトスにとって葉は財産です。

Pb042875_7_1 Encephalartos princeps

鉢土の表土が盛り上がってきています。

地下の紡錘形の貯蔵根が大きくなっている証拠です。

掘り上げて見てみたいような気がします。

地上に露出している根は‘サンゴ根’と呼ばれているものが多く

地表に出ているのが自然な状態です。

ソテツの`サンゴ根´にはシアノバクテリアが共生していて

光合成を行っています。

Pb082893_2_1 Encephalartos princeps

 

2023年11月 9日 (木)

マスチック・タイムが美しい。

Pb032870_3_1 Thymus mastichina

マスチックタイム(Mastic thyme)

挿し木で増やしています。

芝生に圧され気味ですね、マスチックタイムの周囲だけでも

取り除かないと。

駐車場の横の場所が栽培に適しているらしく、良く育ってくれています。

Pb082892_1_1 Thymus mastichina

秋に挿し木をすると翌春には発根しているので、ポット上げして

苗を作ります。

挿し穂の頂点の芽は取り除きます、その方が枝数の多い苗が

出来ます。

地中海性のハーブは大株になると枯れやすいので、更新できるように

苗を作っておく事は重要です。

Pb092895_4_1 Thymus mastichina

↑マスチックタイムの周囲の芝を駆逐した後の様子。

地中海性のハーブの栽培において株元の風通しは大切です。

夏暑すぎて手入れが出来ていなかったのでスッキリとしました。

2023年11月 8日 (水)

フユサンゴ タマサンゴ の実。

Pa312859_3_1 Solanum pseudo-capsicum

フユサンゴ,タマサンゴ,リュウノタマ,エルサレムチェリー

と呼び名が沢山あります。

ナス科には毒があるものが多いですが、このタマサンゴにも

毒があります。

小さい子供が食べないように注意が必要です(子供のころ

少しかじった事がありますが、お腹は壊しませんでした)。

Pa312860_4_1 Solanum pseudo-capsicum

タマサンゴは自家結実性がありません。

1本しか持っていないので、花はたくさん咲きましたが

実が着きませんでした。

実を楽しむには2本以上栽培します。

南米原産です。

2023年11月 7日 (火)

サカタのタネさんのワイルドストロベリー。

Pb052877_8_1 Fragaria vesca var. semperflorens ‘四季なりイチゴ’ 

サカタのタネのWild Strawberry(ワイルドストロベリー)

`四季なりイチゴ´に秋の実が生り始めました。

 Pb052878_9_1 Fragaria vesca var. semperflorens `四季なりイチゴ´

2㎝ぐらいの実が生っています。

甘い香りがとても良いです。

大阪では、夏は暑すぎて実がなりません。

冬も寒すぎて実は生らないです。

Pb052879_10_1 Fragaria vesca var. semperflorens `四季なりイチゴ´

こんな感じで、次々と実が着いています。

栽培では枯葉のトリミングが大切です。

Pb052882_11_1 Fragaria vesca var. semperflorens `四季なりイチゴ´

下手ですが、今年も春に種を蒔いて`四季なりイチゴ´の苗を

作りました。

春に蒔くと暖地では上手くいけば秋に実を収穫することが出来ます。

写真の苗も花が咲いています。

蒔き床で育てた苗を3号ポットに移植して育てています。

P6042480_5_1 Fragaria vesca var. semperflorens `四季なりイチゴ´

↑の写真は春の実生りの様子

イチゴは花も葉も実もかわいいです。

2023年11月 5日 (日)

落ち葉が落ちる音に驚く。

Pb052883_12_1 Ficus carica

イチジクの落ち葉。

イチジクも落葉の時期です。

葉が大きい(しかもあまり乾燥していない)ので、落ちた時に

音がします。

静かに園芸作業をしていると、その音に‘びびる’ことがあります。

Pb052884_13_1 Ficus carica

イチジクの黄葉。

マルチネスピニョンマツの剪定方法。

Pa302853_5_1 Pinus maximartinezii

成木のマキシマルティネッツイ松の剪定は、日本の松と同様「みどり摘み」

が基本になります。

大木になるので、育てるには剪定が必須です(地植えして大きく

育てる場所があれば放任で大丈夫です)。

「みどり摘み」は春に伸びてくる棒状の新芽を折り取ります。

写真は春の新芽を半分ほどの位置で折り取った後に伸びてきた枝です。

樹高を抑えるとともに分枝を促すことが出来ます。

Pa302854_6_1 Pinus maximartinezii

↑の写真では「みどり摘み」の後に出てきた葉が子葉に戻って

います(来年は尋常葉に戻ります)。

今年は五葉松の方法で新芽を途中で折り取る「みどり摘み」を

行いましたが萌芽力が強いので、黒松や赤松のように新芽を

根元から折り取っても大丈夫なような気がします。

来年実験してみます。

Pb032869_2_1 Pinus maximartinezii

まだ初生葉が残るマルチネスピニョンマツ。

2023年11月 4日 (土)

ナツメ`黒仙棗´に恨み節。

Pb012864_2_1 Ziziphus jujuba var. inermis `黒仙棗´

ナツメ`黒仙棗´

もう5年間育てていて、去年からは地植えにしているのに

実が生りません。

花は2年目ぐらいから咲いているのですが結実しません。

樹は元気そうなのになんででしょうか。

一説には日本の夏が暑すぎるそうです。

花が咲いても受粉が上手くいかないことがあるそうです。

適度に水も必要なようです。

暑さ・寒さ・乾燥に強いとされるナツメですが、ナツメの産地

など栽培適地以外での栽培や収穫は難しいようです。

2023年11月 3日 (金)

Xanthorrhoea latifolia ススキノキ グラスツリー の植替え。

Pa292844_2_1 Xanthorrhoea latifolia

長年放置していたクサントロエア・ラティフォリアを植え替え

しました。

まず、枯葉を切って取り除いてから鉢から引き抜きました。

Pa292843_1_1 Xanthorrhoea latifolia roots

クサントロエア・ラティフォリアの根鉢です。

黒くなっていますが、その部分の根も生きています。

植えていた駄温鉢の内側も黒くなっていました。

根の共生菌の仕業でしょうか。

直径5㎜ぐらいの太い根が多いです。

Pa292845_3_1 Xanthorrhoea latifolia

クサントロエア・ラティフォリアを植え替えた後の様子。

少し浅植えにするのがコツです(根の成長で周囲の土が

盛り上がっています。)

葉の長さは85㎝から90㎝、種小名の‘ラティフォリア’は

大きな葉という意味です。

Pa292846_4_1 Xanthorrhoea latifolia

この株は貴重な国内での実生株です。

成長はとても遅いですが、一度も山火事に焼かれていません。

一方、売られているクサントロエア・ラティフォリアは殆どが

輸入株で、山火事にあっているので下葉(幹)が黒いです。

2023年11月 2日 (木)

小さい秋見つけた? ケヤキの盆栽。

Pb022866_3_1 Zelkova serrata

ケヤキ盆栽の紅葉。

11月2日なのに夏日を記録した地域があります。

異常気象の影響か欅盆栽の紅葉が上手くいきません。

綺麗に紅葉する前に落葉しています。

台風で腐らせた仙女盃。

Pa282840_1_1 Dudleya brittonii

台風が来て雨がかかってしまったようです。

雨除け施設は暴風雨になると雨が入り込んでしまいます。

休眠期の最後の方でしたので腐らせてしまいました。

Pa282841_2_1 Dudleya brittonii

↑の写真は仙女盃(ダドレア・ブリトニー)の腐った部分を

取り除いた様子です。

幸いにも腐敗が止まっています。

成長点が無事なようです。

上手くいけば復活させられるかもしれません。

2023年11月 1日 (水)

センブリの苗を買いました。

Pa312855_1_1  Swertia japonica

センブリの花です。

花径は約1.5㎝。

薬草も花が美しいものが多いです。

春と秋に日当たりが良くなる場所が栽培適地です。

夏は半日陰。

二年草で花後に枯れるので、種子を採って蒔きます(覆土はしません)。

「当薬」(健胃薬)として利用する場合は開花時に全草を採取し洗って

乾燥させます。

開花時が一番薬効があるそうです。

 P9252740_5_1 Swertia japonica

センブリの苗は通販で買っても枯れることが多いのですが、これは

育ってくれています。

Pa312857_2_1  Swertia japonica

センブリの蕾、花弁が捻じれています。

センブリは移植に弱いです。

連作障害はありません。

Pb012862_5_1 Swertia japonica

上手く種子が採れれば、実生して栽培したいです。

« 2023年10月 | トップページ | 2023年12月 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック