無料ブログはココログ

« 仙女盃の復活。 | トップページ | ミツバツツジの紅葉。 »

2023年12月10日 (日)

ワイルドストロベリーの冬支度。と 時々進化論。

Pc102956_2_1 Fragaria vesca var. semperflorens `四季なりイチゴ´

寒さでイチゴの葉が紅葉しています。

ロゼットの中心部には小さな越冬葉が出てきています。

越冬葉は低温に順化していて、この葉で寒さを耐えます。

Pc102957_3_1 Fragaria vesca var. semperflorens `四季なりイチゴ´

越冬葉の様子。

小型で葉脈が深いのが特徴です。

凍結に対し耐性があり、冬の間も光合成をします。

紅葉した葉は、茶色く乾いて枯れたら取り除きます。

 ダーウィンの進化論では、「強いものが生き残る」や

「環境の変化に適応できないものは滅びる」とは書かれて

いません。

生きるためには「棲み分け」も必要ですし「多様性」も

大切です。

政治・経済の分野で勝手に「弱肉強食」のように解釈し

「変化」への対応を強要するのは、いかがなものでしょうか。

« 仙女盃の復活。 | トップページ | ミツバツツジの紅葉。 »

四季なりイチゴ Wild Strawberry」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 仙女盃の復活。 | トップページ | ミツバツツジの紅葉。 »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック