無料ブログはココログ

« 菜種梅雨。 | トップページ | 台湾八角蓮の新芽。 »

2024年3月28日 (木)

Tecophilaea cyanocrocus テコフィレアの花。

P3273133_1_1  Tecophilaea cyanocrocus

テコフィレア・シアノクロッカスの花。

インクブルーと称される深い青色の花です。

自生地では球根は深く潜り、地上から最大で12㎝ぐらいの

深さに位置します(球根から出る「牽引根」に引っ張られ

地下に潜ります)。

球根が深い位置にあるのは休眠期に、地上の乾燥から守る

為です。

P3243121_1_1 Tecophilaea cyanocrocus

日本では多湿のため基本的には鉢植えで管理しますが、

鉢植えでも3㎝から4㎝の深さに植え付けます。

浅植えをしても毎年球根は地下にもぐります。

何年も植替えをしていないと4号鉢だと球根が鉢底に

達します。

P3253123_3_1 Tecophilaea cyanocrocus

用土は山野草用の水はけの良いものが適しています。

素焼鉢やテラコッタ鉢で育てると、球根を腐らせるリスクを

少なくできます。

雨除け栽培をします。

夏の間の休眠期は球根を掘り出さずに、鉢土ごと乾かして

夏越しさせます。

経験上、自家受粉しにくいようです(種子は採れますが発芽率

は不明)。

 

« 菜種梅雨。 | トップページ | 台湾八角蓮の新芽。 »

Tecophiaea テコフィレア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 菜種梅雨。 | トップページ | 台湾八角蓮の新芽。 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック