無料ブログはココログ

« 方赫山 青瓷越州花文平茶碗 高麗青磁 | トップページ | 那須五葉松 短葉性 文人盆栽 »

2024年6月23日 (日)

小林東五 井戸茶碗・井戸杯 Ido Tea bowl・Ido Sake cup

P6223393_1_1 Ido Tea bowl ①

小林東五 作 ‘井戸茶碗’

小林東五さんの茶碗は綺麗です。

そもそも、きたない茶碗では誰もお茶を飲みたくありません。

世の中には、古色をつけたものや歪ませた物が茶碗として

重宝されていますが、本来は長い年月を経て備わるものです。

新品から古いなんて本末転倒です。

でも、古色づけは技法としてはありだと考えています。

形も小林東五さんの作品には「用の美」が備わっています。

茶の湯の初期の頃は、茶が飲みやすい物が選ばれて茶器になる

のですから、わざと歪(ゆが)ませる必要など無いのです。

侘び茶の大成の頃から、茶の湯用の専用の茶碗が焼かれるようになります。

その中には不完全なものの中に美を見出す日本の感性が生んだ

歪んだ茶碗も存在します。

P6223396_2_1 Ido Tea bowl ①

小林東五 作 ‘井戸茶碗’

この「井戸茶碗」は対馬にある對州窯の焼き物で、その

源流は朝鮮半島にあります。

名品は無名の陶工が引いた無数の碗の中から見出されます。

主張や個性などは二の次でよいのです。

 小林東五さんが使う「玄」とは仏教で云うところの「無」,

儒教の「虚,白」で道教の用語だそうです。

ただの土から物を作る、無から有を生み出す作陶が道教的

なのだそうです。

P7063450_1_1 Ido Tea Bowl ②

↑小林東五 ‘井戸茶碗’

こちらのお茶碗は少し大振りです。

P7063451_2_1 Ido Tea Bowl ②

小林東五 ‘井戸茶碗’

側面は直線的です。

これも土の表情がわかる程度の釉薬の掛け方です。

小林東五さんの器はどれも実用的で美しいですが、茶道具である

この2つの茶碗とも、お茶が飲みやすいです。

P7063452_1_1 Ido Sake cup

小林東五 作 ‘井戸杯’

筒型の酒杯です。

P7063453_2_1 Ido Sake cup

小林東五 作 ‘井戸杯’

先にわざと歪ませる必要はないと書きましたが、この杯は

意図的に一方に引っ張られています(写真では右側に)。

これは、お酒が飲み易いように工夫されたものです。

« 方赫山 青瓷越州花文平茶碗 高麗青磁 | トップページ | 那須五葉松 短葉性 文人盆栽 »

美術 art」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 方赫山 青瓷越州花文平茶碗 高麗青磁 | トップページ | 那須五葉松 短葉性 文人盆栽 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック