無料ブログはココログ

« 大玉トマト‘麗夏’ サカタのタネ | トップページ | 方赫山 青瓷越州花文平茶碗 高麗青磁 »

2024年6月20日 (木)

初夏に行うブドウの剪定。

P6193379_5_1 Vitis ‘Nehelescol’

ブドウの蔓は放置すれば秋まで伸び続けます。

ですので、開花時期に剪定をしてしまいます(あくまで

自己流なので参考までに)。

開花時期の剪定の利点3つ。

・果実に養分が集中します、実成が良くなります。

・柔らかい新芽につく害虫の発生を防ぐことが出来ます。

・枝の登熟(成熟)を早めることが出来ます。

P6193380_6_1 Vitis ‘Nehelescol’

風通しが良くなることでブドウの病害虫の発生を

減らすことも出来ていると思います。

↑の写真は今年伸びているブドウの枝です。

特に耐寒性の低い品種は、枝をいかに登熟させるかが重要なので

有効な方法だと思います。

写真のブドウ‘ネヘレスコール’は接木1年生苗を今年から

育てていますが、来年の主幹となる枝を150㎝ぐらい残して

剪定をしました。

« 大玉トマト‘麗夏’ サカタのタネ | トップページ | 方赫山 青瓷越州花文平茶碗 高麗青磁 »

果樹 fruit tree」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 大玉トマト‘麗夏’ サカタのタネ | トップページ | 方赫山 青瓷越州花文平茶碗 高麗青磁 »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック