無料ブログはココログ

趣味

2023年9月25日 (月)

LEDライト キノコ ランプ

P9242725_6_1 LED Mushroom Lamp objet made from polymer clay

樹脂粘土(Polymer clay)とLED電球で作った‘きのこのランプ’

P9242717_2_1 LED Mushroom Lamp objet

蓄光樹脂粘土(Luminous polymer clay)で作ったのでキノコには

着色していません。

P9242716_1_1 LED Mushroom Lamp objet

樹脂粘土キノコを近くで見るとこんな感じです。

P9242734_1_1  LED Mushroom Lamp objet

蓄光樹脂粘土(Luminous polymer clay)で作っているので、

スイッチを消すと緑色で光ります。

P9242726_7_1 LED Mushroom Lamp objet

LED電球は、クリスマスの電飾用のものを使っているので、

面倒なはんだづけや抵抗値の計算は必要ありません。

P9242727_8_1 LED Mushroom Lamp objet

P9242728_9_1 LED Mushroom Lamp objet

Pa042773_5_1  LED Mushroom Lamp objet

配線はコルクの表面を這わせて、その上から薄いコルクを

接着して隠してあります。

 

 

2023年6月 6日 (火)

作りかけの「きのこランプ」樹脂粘土。

P5252421_1_1 Mushroom LED light lamp

樹脂粘土(polymer cray)で作った‘きのこ’のLEDランプです。

まだ製作途中ですが試験点灯させてみました。

P5252422_2_1 Mushroom LED light lamp

蓄光樹脂粘土(Luminescence polumer clay)で作っているので、

消灯すると緑色に怪しく光ります。

この写真では蛍光している様子を上手く表現できていません。

P5252415_1_1 Mushroom LED light lamp

ゆっくりと製作しています。

これから落ち葉や苔を配します。

蓄光樹脂粘土なのでキノコには着色しません。

2023年6月 2日 (金)

ハウルの動く城 の ベーコンエッグ 樹脂粘土で作る食品サンプル。

P6012448_12_1 Food model of Bacon Egg made from polymer clay

樹脂粘土で作った「ハウルの動く城」のベーコンエッグを

イメージした食品サンプルです。

P6012450_13_1 Food model of Bacon Egg made from polymer clay

制作から時間が経過して透明樹脂粘土の透け感が、より

出てきたのでブログに再掲します。

透明樹脂粘土は、まだ固まっていない卵白の部分に使いました。

P6012451_14_1 Food model of Bacon Egg made from polymer clay

カルシファーの火の部分は赤色LED電球を練り込んだ透明樹脂粘土

に赤色の油絵具で着色してあります。

「火=赤」という単純な発想です、本来ならば青っぽい色も足せば

リアルに近づけたのかも知れません。

ただ、LEDが点灯すると光のお陰で「火」らしく見えます。

P6012447_11_1 Food model of Bacon Egg made from polymer clay

全体像です。

3分の2のスケールで作りました。

作り方は以前のブログをご参照ください。

2021年11月28日 (日)

樹脂粘土で作る ハウルのベーコンエッグへの道。

Pb281351_4_1 Bacon and Eggs made from polymer clay

ハウルの動く城の「ベーコンエッグ」食品サンプル、

樹脂粘土で作りました。

フライパンは本物です(フライパンの直径は18.5㎝)。

また、LEDジュエリーライトを使っています。

P9131123_1

樹脂粘土`モデナ´でベーコンを作ります。

赤肉の部分は3段階の赤色で、それぞれ着色します。

油絵具で着色しました。

脂身の部分は白色と少しピンクを帯びた色で制作します。

赤色が強すぎて生の豚バラ肉の様です、ベーコンだったら

絶対に発色剤入りですね。

でも実物通りの色だと、美味しそうに見せるのが難しいです。

Pa131204_1

ベーコンを裏側から見た様子です。

それぞれ着色した樹脂粘土を棒状に成形して組み合わせ、上から

クリアファイルなどで押して圧着させ形を整えます。

Pa131203_1

ベーコンの周囲(ベーコンの製造工程で燻製された部分)を茶色で

着色すると‘らしく’なります。

この後、焼いて焦げた跡の色を塗ります。

Pa211238_1_1

ベーコンに焦げを着色しました。

Pa291254_1_1

「すけるくんコート」液を塗って照りを出し、フライパンに

セッティングしました。

次は目玉焼きを作ります。

Pb021278_1_1

目玉焼きを追加しました。

火の通った白身の部分は樹脂粘土「モデナ」で、火が通って

いない半熟の部分の白身は透明樹脂粘土「すけるくん」で

作りました。

透明樹脂粘土の部分は乾燥すると透明になります。

その時に「すけるくん」は収縮するので、あまり伸ばして

成形すると縮み密着せずに剥がれます。

ヒビが入る場合もあります。

Pb281350_3_1

火の部分は赤色LEDジュエリーライトと透明樹脂粘土で

作ります。

本来なら`カルシファー´の部分です。

LEDが好きなので、また使ってしまいました。

上から油絵具で着色しています。

Pb281352_5_1 Bacon and Eggs made from Polymer clay

火が通っていない卵の白身の部分は透明樹脂粘土

「すけるくん」で作りました。

 

2021年11月23日 (火)

本物の白湯(さゆ)とは。

間違いだらけ?の白湯(さゆ)ですが、本物の白湯とは

やはり鉄瓶で沸かしたお湯の事です。

鉄瓶で沸かしたお湯を湯のみに移し50℃ぐらいに冷まして、

ゆっくりと飲みます。

Pb211341_3_1

炭火を使って南部鉄瓶で湯を沸かしてみました。

熱源には電熱線を使った電気炭がいいと思います。

鉄瓶をガスコンロにかけると弱火でも鉄瓶の底が

錆びてきます。

本題に戻りますが、特に東日本などの硬水の地域に

お住いの場合、鉄瓶で沸かすことにより水に含まれる

ミネラル分(カルシウムやマグネシウム)を減らし

体にやさしいお湯になります。

また微量ではありますが、鉄瓶から鉄分が体に吸収され

やすい二価鉄の形で溶け出します。

鉄瓶は、特に女性に適した白湯を作ることが出来ます。

体温より少し高い温度の白湯を飲むことで体も温まります。

2021年10月 7日 (木)

樹脂粘土で作るLEDきのこライト 橙色

Pa061187_1 LED Mushroom Lamp objet

樹脂粘土とLEDジュエリーライトで作ったランプです。

Pa061176_1

天然のなめこをモデルに作ってみました。

Pa061177_1

きのこの傘の部分にはぬめりでくっついた木屑も表現してみました。

Pa061182_1

これにも樹脂粘土で作った落ち葉を配しています。

 

LED 樹脂粘土 きのこ ライト 白色

Pa061188_1 LED Mushroom Lamp objet

LEDジュエリーライト(クリスマスイルミネーション用)と

樹脂粘土(polymer clay)で作った照明です。

Pa061175_1

キノコ部分のアップです。

きのこの傘の部分は透明樹脂粘土で作っています。

Pa061181_1

落ち葉は樹脂粘土「モデナ」を油絵具で着色して整形しています。

Pa061173_1

全体像です。

ガラスドームのケースの木製の台座に下から穴をあけて

配線しています。

2021年10月 6日 (水)

LED きのこ ランプ ライト 赤色

Pa061189_1 Mushroom Lamp objet

樹脂粘土で作るLEDで光る‘きのこ’です。

Pa061170_1

キノコ部分のアップです。

開いた傘は閉じた傘よりも色を薄くしています。

Pa061168_1

落ち葉も樹脂粘土で作りました。

Pa061169_1

全体像です。

Pa061179_1

3種類作りました。

材料は透明樹脂粘土「すけるくん」と樹脂粘土「モデナ」

LEDジュエリーライト(ワイヤーライト),接着剤,油絵具です。

LEDの抵抗の計算・接続・ハンダ付けなど、面倒な作業は

必要ありません。

 

2021年9月 8日 (水)

LED きのこ ランプ

P9081107_4_1 LED Mushroom Lamp objet

樹脂粘土(Polymer clay)で制作したキノコ ランプです。

P9081105_3_1 LED Mushroom Lamp objet

P5310838_1_1

このキノコは以前は写真のように作っていましたが、納得いかず

傘の色と軸の太さを改造しました。

P9081098_1_1

参考にしたのは天然のナメコです。

P9081103_1_1

2021年7月30日 (金)

樹脂粘土で作る`四つ葉のクローバー´

P7301026_1_1

樹脂粘土で作った`四つ葉のクローバー´です。

個人的に造花は嫌いです。

本当に生きている植物の方が絶対に綺麗だからです。

今回は別目的で作った四つ葉のクローバーの作り方を

紹介します。

P6160890_1_1

透明樹脂粘土「すけるくん」で`四つ葉のクローバー´を

作っています。

涙型に成型した樹脂粘土を3個放射状に並べて、ローラーで

平たく延ばします。

葉はバラバラになっても木工用ボンドで後でつけることが出来ます。

平行支脈はペーパーナイフを押し当てて形をつけます。

P6070860_3_1

葉に葉柄の部分を木工用ボンドで接着している様子です。

葉柄は手芸用の針金(緑色の紙を巻いてある100均の)に

樹脂粘土を巻き付けて作ります。

P6210931_1_1

葉と茎を接着したら葉に文様を入れます。

ダンボールの穴に茎の部分を入れて固定します。

P6210932_2_1

油絵具で着色してみました。

色は白色単色ではなく黄緑色を混ぜています。

あまりハッキリと線を入れると園芸品種のようになってしまうので、

かすれる位でちょうどです。

P7301028_2_1

より以前の記事一覧

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック