無料ブログはココログ

Helleborus クリスマスローズ

2024年2月25日 (日)

クリスマスローズが作落ち。

P2183086_1_1 Helleborus thibetanus Hybrid

ヘレボルス・チベタヌスとの交配種です。

今年は葉が2枚展開するだけのようです。

植替えをしていないのが悪いのか、肥料の量が少なすぎる

のか、今年は蕾がありませんでした。

葉が固まったら一度鉢から抜いてみようと思います。

2023年3月 3日 (金)

クリスマスローズ チベタヌス交配種

P2272163_1_1 Helleborus Hybrid Profusion

Helleborus thibetanus hybrid ハイブリッド・プロフュージョン

草丈は約30㎝。

花弁(本来は萼)にベインは少ないですが、クリスマスローズ

には少ない透明感のある花色です。

P2272164_2_1 Helleborus Hybrid Profusion

蕾の着き方にはヘレボルス・チベタヌスの影響が濃く

出ています。

Ashwood ナーセリーの交配種です。

2023年2月11日 (土)

チベタヌスハイブリッドの花

P2152160_3_1    Helleborus thibetanus hybrid 

Ashwood Nurseries Hybrid Profusion

アシュウッドのハイブリッド・プロフュージョンです。

P2082129_2_1 Helleborus thibetanus hybrid (Ashwood Hybrid Profusion)

少し開いてきた状態の蕾。

P2112139_1_1  Helleborus thibetanus hybrid (Ashwood Hybrid Profusion)

今年は2芽に増えそうです。

用土は硬質の赤玉土や鹿沼土が主体の山野草用の用土で

植えています。

ただ、鉢土が凍るような地域だと、この様な用土は粒が

壊れ春には泥状になってしまうので地域に合う水はけの良い

用土で植える必要があります。

2023年1月25日 (水)

クリスマスローズ チベタヌスハイブリッドの蕾

P1252110_1_1 Helleborus thibetanus hybrid 

大阪の平野部に位置する当地の昨晩の最低気温は‐4℃でした。

今期最強の寒気で、各地において降雪や凍結で災害が多発して

います。

-4℃が水道管の凍結の目安になるので、凍結の防止対策が

必要です。

梱包材のビニールのプチプチなどで巻くのも凍結対策に有効です。

 そんな寒さの中、ヘレボルス・チベタヌスハイブリッドが

元気に成長しています。

草丈は9㎝ほど。

今年は2株に増えています。

2023年1月 4日 (水)

クリスマスローズ チベタヌス交配の蕾。

P1042076_1_1 Helleborus thibetanus hybrid 

クリスマスローズ チベタヌスハイブリッドの蕾です。

これからが一番寒い時期に蕾をあげてきました。

今年は2芽に増えています。

2022年12月 6日 (火)

クリスマスローズ チベタヌス交配の花芽。

Pb282017_1_1 Helleborus thibetanus hybrid flower bud

ヘレボラス・チベタヌスハイブリッドの株元に来年の

立派な花芽が出来ています。

チベタヌス交配種はクリスマスローズ専用の用土で植えては

いけません。

写真のように山野草用の用土(鹿沼土や赤玉土が主体)で

植えます(※温暖地基準)。

堆肥や腐葉土は用土に混ぜ込みません。

Pb282018_2_1 Helleborus thibetanus hybrid leaf

この1枚の葉で頑張ってくれました。

葉にはH.チベタヌスの特徴が少し現れています。

2022年2月21日 (月)

クリスマスローズ チベタヌス交配の花

P2211445_2_1  Helleborus hybrid profusion

Ashwood Nerseris のチベタヌスハイブリッド

Helleborus thibetanus Hybrid )です。

花径は約6㎝。

P2181443_1_1  Helleborus hybrid profusion

少しですが、ヘレボラス・チベタヌスの雰囲気

(透明感)があります。

花弁(萼)にはベイン(筋状の模様)が入っています。

2022年1月 1日 (土)

クリスマスローズ チベタヌス ハイブリッド の蕾

P1011400_1_1 Bud of Helleborus thibetanus Hybrid 

Helleborus Hybrid Profusion, Ashwood Nurseries

蕾を確認できました。

かなり濃い花色の様です。

どんな花が咲くのか楽しみ。

P1011399_4_1 Helleborus hybrid profusion leaf

葉はまだ健在です。

現在、花芽と葉芽のような物を1つずつ確認できます。

2年間栽培して、ようやくここまで来ました。

無事に開花しますように。

Helleborus`Pink perfection´の方は植替えを失敗して

枯らしてしまいました。

 

2021年12月17日 (金)

クリスマスローズの来年の芽。

Pc171386_1_1 Helleborus thibetanus Hybrid bud

ヘレボラス・チベタヌス交配に大きな芽が出来ています。

来年、栽培4年目で初めて開花するかもしれません。

白い物体は殺虫剤のオルトラン粒剤です。

Pc171387_2_1 Helleborus thibetanus Hybrid leaf

チベタヌス交配の葉です。

葉の大きさは幅が23㎝。

ヘレボラス・チベタヌスのような繊細さは感じられません。

素焼鉢で山野草用の用土を使って栽培しています。

葉は初冬まで残ります。

2021年2月 8日 (月)

チベタヌス交配 の植替え

P2080327_2_1 Helleborus thibetanus Hybrid

まだ植え替えてから1年位なのに、それを忘れて無駄に植え替えて

しまいました。

でも根の生育を確認できました。

根の長さは12㎝位でまだ細く、開花までは1~2年かかりそうです。

クリスマスローズの植替えは秋から出来ます。

Profusion-pink-perfection-_1_1 Helleborus thibetanus Hybrid

届いた時は↑の写真のように、根は全て腐っていました。

丸2年でよくこれだけ復活してくれました。

P2080328_3_1 Helleborus thibetanus Hybrid

写真の白い根は去年の秋から伸びた新しい健全な根です。

他にも根の先から新しい部分が生長していました。

春先の植替えは根を傷つけないように注意が必要です。

植替えの際、腐った根茎があれば取り除きます(取り除いた後に殺菌剤を

散布すれば完璧です)。

P2080330_5_1 Helleborus thibetanus Hybrid

植替え後の写真。

暖地でチベタヌス・ハイブリッド(チベタヌスとの交配種)を育てる場合は

写真のように山野草用の用土で植えます。

硬質の赤玉土や鹿沼土が主体です。

暖地ではクリスマスローズの用土や一般の草花用土は使わないでください

(根腐れを起こして枯れます)。

 

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック