無料ブログはココログ

古典園芸 Japanese traditional horticulture

2022年10月 8日 (土)

シュロチク`白青殿´は難しい。

Pa081925_2_1 Rhapis humilis `白青殿´

「斑」のみになったシュロチクの葉です。

葉緑素が無いので枯れてきます。

派手斑の棕櫚竹`白青殿´は、この様な葉が出てくることが

あります。

Pa081926_3_1 Rhapis humilis `白青殿´

この様に腐るように葉先から枯れてくるので美観を損ねます。

葉緑素の無い葉を保つことはできません。

斑の部分が多い棕櫚竹‘白青殿’も葉先から枯れてくる事が

多く、綺麗に育てるのは至難の業です。

Pa081928_4_1 Rhapis humilis `白青殿´

一方、こちらの株は地味斑の棕櫚竹‘白青殿’です。

よ~く見ないと斑が入っているのかどうか分からないですが、

斑を発見した時の喜び?みたいのがあります。

地味過ぎて「斑」の入っていない葉も多いですが、

葉先の枯れは見当たりません。

もう少し斑が入ってほしい株ですが、とても育てやすいです。

Pa081929_5_1 Rhapis humilis `白青殿´

葉緑素のある部分と斑の部分が同居していると、葉が

枯れにくいです。

斑の筋が細かく分かれて入る(櫛目斑,刷毛目斑)だと

なお理想的です。

Pa081930_6_1 Rhapis humilis `白青殿´

棕櫚竹‘白青殿’は地味な斑入りの方が絶対に育てやすいです。

2022年7月31日 (日)

松葉蘭`富嶽の虹´

P7311845_1_1 Psilotum nudum `富嶽の虹´

松葉蘭`富嶽の虹´

斑の部分の色が白く抜けています。

マツバランはデボン紀に地上に進出したリニア植物(クックソニア)

などによく似ていて、その原始的な姿が魅力です。

乾燥には強く、水のやり過ぎに注意します。

腐植質の少ない清潔な用土を好みます。

P7311846_2_1 Orthetrum albistylum speciosum female

シオカラトンボの雌だと思います。

2022年7月22日 (金)

棕櫚竹(シュロチク)‘白青殿’の地味斑と派手斑。

P7221835_2_1 Rhapis humilis variegata`白青殿´

棕櫚竹‘白青殿’(根詰まりで葉緑素の緑色が薄いです)。

シュロチクや観音竹は、ヤシの仲間では耐寒性があり

観葉植物として採り入れやすい種類です。

 シュロチクは中国南部が原産で、江戸時代に琉球を経て

日本で栽培されるようになりました。

`白青殿´は太平洋戦争前に兵庫県・網干で発見されました。

現在育てられているものは、その株分け品だと思います。

P7221836_3_1 Rhapis humilis variegata`白青殿´ leaves

葉は掌状で深く切れ込みます。

棕櫚竹(棕梠竹)‘白青殿’は写真のように葉割れした

一部に「斑」が入るような地味な物が育てやすいです。

P7221837_4_1 Rhapis humilis variegata`白青殿´ leaf

葉割れした部分に「斑」の部分と緑色の部分が同居して

いたら「斑」の部分が枯れ込みにくく綺麗に育てられます。

P7221838_5_1 Rhapis humilis variegata`白青殿´ leaves

葉の大部分に「斑」が入る派手斑の個体は、葉緑素の無い

「斑」の部分が枯れやすく綺麗に維持できません。

P7221839_6_1 Rhapis humilis variegata `白青殿´leaves

↑の株も「斑」の部分が枯れてしまっています。

棕櫚竹‘白青殿’を買う場合は、出来るだけ斑が入って

いない様な物がおすすめです。

2022年7月15日 (金)

観音竹 `大判の縞´ に子株が出ました。

P7081806_2_1 Rhapis flabelliformis `大判の縞´

観音竹`大判の縞´

株幅は約85㎝です、普通は伝統園芸ではここまで大きくは

育てません。

P7081807_3_1 Rhapis flabelliformis `大判の縞´

根元の子株です、2本出てきました。

今のところ2本共に全ての葉に斑が入っています。

P7131814_1_1 Rhapis flabelliformis `大判の縞´

樹高は約60㎝。

2022年5月15日 (日)

セッコク`大川素心´

P5051632_10_1 Dendrobium moniliforme `大川素心´

セッコクの素心花です。

P5141666_1_1  Dendrobium moniliforme `大川素心´

石斛の花が咲くと庭の一部が深山幽谷の雰囲気になります。

2022年5月 2日 (月)

細辛の葉っぱ。

P5011594_1_1 Asarum nipponicum `葵錦´

細辛の多くは江戸細辛(カントウカンアオイ)の素心の品種です。

新しい葉が出揃い、今が一番の見頃です。

少し日当たりが強いのか葉柄の伸びがいまいちですが紹介します。

P5011599_4_1 Asarum nipponicum `葵錦´

細辛`葵錦´です。

細辛は丈夫でコンパクトで鉢植えに出来、狭い日本の住宅事情にも

合った観葉植物です。

日陰にも強いので一時的ならば室内に飾ることもできます。

P5011597_3_1 Asarum nipponicum `葵錦´

今年は立派な葉ができました。

P5011596_2_1 Asarum nipponicum `三保の松´

細辛`三保の松´

葉の地模様と色が複雑に重なっています。

細辛の葉は当てる光の角度でキラキラと輝いて見えます。

P5011601_6_1 Asarum nipponicum `昭和錦´

細辛`昭和錦´

葉は、もっと暗く深い緑色になります。

`昭和錦´は葉が多く出やすく大株にすると美しいです。

P5011600_5_1 Asarum nipponicum `昭和錦´

細辛`昭和錦´も今年は大きな葉が開きました。

P5011602_7_1 Asarum nipponicum `興亜の光´

細辛`興亜の光´

`興亜の光´は出来が悪かったです。

もう少し葉が固まったら根の様子を見る必要があります。

 細辛の葉の魅力は奥が深いです。

葉模様は表面的な魅力の一つにすぎません。

細辛は伝統園芸の中でもマイナーな分野で、入手も難しいですが

葉の綺麗さとコレクション性を兼ね備えているので育てていると

楽しいです。

育て方は根腐れに注意するぐらいで簡単です。

半日陰で生育するので日当たりの悪いところに栽培棚を作ると

簡単です。

2022年3月10日 (木)

万重咲き福寿草 `四方田家緑花´

P3091472_1_1  Adonis amurensis `四方田家緑花(皆野緑)´

万重咲き福寿草`四方田家緑花(皆野緑)´は全ての花が

万重咲きでは咲きません。

P3091474_2_1 Adonis amurensis `四方田家緑花(皆野緑)´

むしろ本芸である万重咲きで咲くのは大株でも1~2輪

だけです。

他の花は同一株でも一重咲きになります。

P2261450_2_1 Adonis amurensis `四方田家緑花(皆野緑)´

福寿草`四方田家緑花(皆野緑)´の蕾。

花弁(萼)の重なりが凄いです。

P3051467_6_1 Adonis amurensis ‘四方田家緑花(皆野緑)’

ほとんどの万重咲きにならない花は↑の写真のように咲きます。

大輪で花色が上品なので二重咲きでも綺麗です。

2021年11月26日 (金)

松葉蘭`富嶽の虹´の今年の軸。

Pb201339_2_1 Psilotum nudum `Fugaku no Niji´

2年前の台風21号で鉢が落ちバラバラになってしまった

状態から復活しつつある松葉蘭`富嶽の虹´です。

草丈は約8㎝。

今年に伸びた地上部の斑が綺麗に白く抜けています。

まだ本調子ではありませんが、姿の美しさ(分枝の様子)

は出ていると思います。

「富嶽の虹」は元々性質が弱いので元通りになるには

あと数年かかりそうです。

2021年8月29日 (日)

松葉蘭

P8291070_1_1 Psilotum nudum `富嶽の虹´

2018年の台風21号で棚から鉢が落ちてダメージを受けた、松葉蘭

`富嶽の虹´です。

マツバランは地下茎が脆く、引き抜かれるとバラバラになり

やすいです。

3年前の被害ですが、回復がとても遅いです。

もともと松葉蘭`富嶽の虹´は性質が弱いです。

 マツバランは乾燥に強いので素焼鉢に山野草用の土で植えて

います。

2021年6月18日 (金)

観音竹 `大判の縞´

P6180910_3_1 Rhapis flabelliformis `Ohban-no-shima´

観音竹`大判の縞´です、結構大きくなります。

写真の株で幅が80㎝,樹高(葉の上まで)が60㎝あります。

実物はとても豪快です。

伝統園芸の世界では観音竹とシュロチクをまとめて

「観棕竹」として扱われます。

葉焼けがありますが、観葉植物としては耐陰性・耐寒性もあり

有用だと思います。

ヤシの仲間ですので南国情緒があります。

P6180911_4_1 Rhapis flabelliformis `Ohban-no-shima´

この観音竹`大判の縞´は珍しいことに総柄(全ての葉に斑が入る)

です。

葉焼けしているのが惜しいです。

購入した親株の系統が優れていたからですが、それでも

なかなか綺麗な斑が入る株は存在しません。

次の子株にも良い斑が出ると良いのですが。

 

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック