無料ブログはココログ

Tillandsia チランジア

2022年12月 3日 (土)

Tillandsia tectorum

Pc032030_3_1 Tillandsia tectorum

チランジア・テクトラム

株幅は2頭で約22㎝。

テラコッタ鉢に洋蘭用の軽石で植えています。

開花後に2つの子株が生長したものです。

チランジア・テクトラムは育てていると、葉の表面の

ホワホワとしたトリコームが少なくなりますが、日本の

多湿な気候への順化だと思います。

Pc032028_1_1 Tillandsia tectorum stem type

チランジア・テクトラムの有茎タイプ。

ロゼット径は16㎝、茎の長さは26㎝です。

Pc032029_2_1 Tillandsia tectorum stem type

株元から子株が出ています。

子株は外れやすいので、周囲の枯れた葉は取り除かず

そのまま育てます。

2022年11月26日 (土)

Tillandsia festucoides

Pb171988_4_1 Tillandsia festucoides

チランジア・フェスツコイデスの沢山の実生苗を

ボール状に仕立てたものです。

全体の大きさは幅14㎝。

2022年11月25日 (金)

Tillandsia spiralipetala

Pb171986_3_1 Tillandsia spiralipetala

チランジア・スピラリペタラ

T.イオナンタより水を欲しがります。

大きさは1株で3㎝。

トリコームが美しいです。

2022年11月16日 (水)

Tillandsia atroviridipetala

Pb141976_1_1  Tillandsia atroviridipetala

チランジア・アトロビリディペタラ

大きさは株幅が9.5㎝。

夏の暑さと蒸れが苦手なので、遮光と風通しの良さが

栽培条件です。

遮光は必須ですが、光量が不足すると枯れやすいです。

Pb141977_2_1 Tillandsia atroviridipetala

チランジア・アトロビリディペタラ

開花後に育った子株で、現在の株の直径は7㎝。

2022年11月15日 (火)

Tillandsia ionantha `Monstrose´

Pb121969_1_1 Tillandsia ionantha `Monstrose´

チランジア・イオナンタ `モンストローズ´

少し大きくなったので、ワイヤーの枠を緩めました。

チランジア・イオナンタと同じく育てやすいです。

Pb121970_2_1 Tillandsia ionantha `Monstrose´

子株も出てきました。

ヤフオク等で売られているものは、これを外したもの

ですね。

チランジア・イオナンタ`モンストローズ´は生長点が

綴化したものなので、どの様な増え方をするのか謎で

したが、意外と普通でした。

2022年10月 2日 (日)

チランジア・ペナスコエンシスの葉焼けの原因。

Pa021915_3_1 Tillandsia penascoensis

チランジア・ペナスコエンシスの葉焼けの様子。

生長点付近の葉がよく焼けています。

原因は今年の遮光ネットの張り替えでした。

遮光率が若干低くなり葉焼けしたようです。

枯れずに脇芽が出てきてくれればいいのですが。

Pa021914_2_1 Tillandsia crocata

葉焼けの原因が解ったのは、このチランジア・クロカータの

花着きの良さのお陰です。

例年花着きが悪い(光量の不足が原因)T.クロカータが

今年は沢山咲いたのは、遮光率が下がって光合成をよく

出来たからだと思います。

P9291913_1_1 Tillandsia crocata flower

今年の園芸は上手くいきませんでした。

栽培の失敗で枯らした物も多いです。

2022年9月18日 (日)

チランジア・ペナスコエンシスの葉焼け。

P9181879_3_1 Tillandsia penascoensis

チランジア・ペナスコエンシスの中央部分の葉の先端が

葉焼けしてしまいました。

10年以上育てていて、この種類の栽培にはそれなりに

自負はあったのですが失敗でした。

原因は水遣りを控え過ぎたのか、高い気温が長く続いたのか

不明ですが、大切なチランジア・ペナスコエンシスだけ

不具合が出ました。

チランジア・ペナスコエンシスの成長はとても遅いので、

外観が回復するのは絶望的です。

今年は園芸で上手くいかない事が多かったです。

2022年9月 4日 (日)

Tillandsia balsasensis

P9041868_1_1 Tillandsia balsasensis

チランジア・バルサセンシス ペルー原産。

曲がっていますが長さは約15㎝。

T.テクトラムの近縁種で、葉の表面のトリコームが

美しい種です。

成長は遅いですが、株元から子株を出し群生します。

P9041872_2_1 Tillandsia balsasensis

チランジア・バルサセンシスの株元の子株。

2022年8月15日 (月)

Tillandsia ionantha の子株

P8091852_2_1 Tillandsia ionantha

開花後のチランジア・イオナンタに子株が出てきました。

P8091855_5_1 Tillandsia ionantha

子株の大きさは5㎜ほどです。

今回も1個しか出てきませんでした。

P8091853_3_1 Tillandsia ionantha

こちらは一年中葉が赤いチランジア・イオナンタの子株です。

子株が出てきても2世代前の株は残っていますが、子株の成長と

共に枯れます。

枯れた部分は株の蒸れの原因となるので取り除きます。

 チランジアの栽培で一番大切なのは「風通し」です。

二番は「光と遮光」で三番は「着生させる」。

2022年7月19日 (火)

Tillandsia brachyphylla

P7141815_2_1 Tillandsia brachyphylla

チランジア・ブラキフィラ

買ってから2年目の夏が来ました。

すこし葉の数が増えて長さも伸びています。

毎日、霧吹きで水遣りをしています。

エアープランツなのに手がかかる・・・。

P7141817_3_1 Tillandsia brachyphylla

チランジア・ブラキフィラは一般的な銀葉種と異なり

水を要求します。

自生地の画像を見ても、岩の割れ目に腐植質が堆積している

様な所に生えています。

写真の株も素焼鉢に洋蘭用のバークで植えつけています。

発根もしていますし調子は良さそうです。

より以前の記事一覧

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック